WIMAX2+速度制限下での通信速度

もし速度制限に引っ掛かってしまったとしても、作製企業等によって下りの速度は多かれ少なかれ異なります。

ムービーやアプリケーション等で通信料を膨大に利用してしまうと言うヘビー使い手の方であるなら、もしものケースをかんがえて速度制限下での通信速度を基準に比較して選択すると良いでしょう。

WIMAX2+は、通信量が多く、通信規制に掛かり易いと言う人におススメです。

2017年3月近年では、WIMAX2+の制限速度は6Mbpsくらいが正統派となっています。

この速度であるのなら、youtubeの通例画質の視聴は問題なくおこなえます。

アプリケーションゲームもスムーズにおこなえるため、特にいらいらは感覚ずに使を対象としているものきるやうです。

ですが、アプリケーションのダウンロードや更新には時間が掛かってしまうケースも有りますが、この問題は近くのスポットWifiを応用することによって克服出来ます。

3日で10G使用すると利用制限に掛かってしまうのですが、規制がかかる時間帯は、よく回線が利用される時間帯である午後6時から朝の2時までと限定されています、。

より一層規制の基準は3日間の集計であるがために、一日で一旦規制は解除されるので安心して利用出来ます

通信量が沢山とまた規制されますが、月末までずっと通信制限に悩まされると言う必要はないです。

ですが、他のプランである“au 4G LTE”を利用しているケースは話は別です。

こちらは規制がかかると月末まで制限がかかる見込みが有ります。

その為、事前にちゃんと速度制限に掛かってしまったケースの通信速度は確かめておきましょう。

内容のもとで参考にさせて頂きました記事のブログはこちらです。

WiMAX比較・WiMAXギガ放題「3年契約」プランの実質月額・価格を比較・WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく