クラウド・サービスというのは

近頃よく耳にするようになった“クラウド・サービス”という言葉。
“クラウド”というのはその名の通り“雲”を意義しています。
インターネット等を扱うネットワーク環境要素の図を表すときによくこのクラウド・サービスが使われます。
雲みたいに一面に広がっていてネットワーク上の何処にデータのリソース等があるかよく分からない有り様で、大半意識することもなくネットワークにアクセス出来る環境要素のことを“クラウド・コンピューティング”と呼びます。
こうしてこのクラウド・コンピューティングとして提供販売しているサービスのことを“クラウド・サービス”と呼んでいるのです。
当社一般人が使を対象としているものきるクラウド・サービスは、一定ステップインターネットを通して提供販売されて顕現る各種サービスを指しています。
デジタルカメラ等で録画した写真やムービー、メイル等昔は自分のパーソナル・コンピュータのハード上に保全しておくことが自然でした。
ただしそれはクラウド・サービスを利用することによって、ネットワーク上に保全することができ、いつだとしても何処のパーソナル・コンピュータからだとしても閲覧、取り出しが可能になったのです。
他にもエクセルやワードなどのオフィス、アプリケーションケーションもクラウド・サービスを通して提供販売しているだが有ります。
今まではCD等から自分のパーソナル・コンピュータに利用したいソフトのアプリケーションケーションをインストールしてからそのパーソナル・コンピュータで取り扱うことができました。
ただしそれがパーソナル・コンピュータに逐一ソフトをダウンロードしなくても、全部ネットワーク環境要素にアクセスすることで扱うことが出来るのです。
こうすることによって、ダウンロードする手間がないだけじゃなく、パーソナル・コンピュータの容量をとられないので、容量オーバーになるケースもなくなります。

部類

クラウドは大きく2部類に分類されます。
一つめは各専門業者が社内のネット環境要素だけにクラウド・コンピューティングを導入してシステム構築を行ない、独占的にサービスを受けるという“プライベートクラウド”。
主に専門業者が社内のデータ管理をおこなうためやシステム業務を構築する為に使われます。
もう一つは不特定多々の専門業者や利用者がクラウド・コンピューティングを伴に利用する“パブリッククラウド”です。
専門業者がお勤めお目当てに扱うこというのは勿論のこと、オンラインストレージやWebときのメイルのやりとり等を個人が取り扱う等個人から専門業者まで色んな形態で取り扱うことが出来るクラウド・サービスです。
以上みたいにクラウド・サービスというのは、1つの言葉ですが2部類のクラウドがあり、おんなじ専門業者利用だとしても個人のプライベート利用と大勢のパブリック利用だとしても扱うことがありえます。
こんなことからクラウド・サービスの定義自体が一つにまとめっておらず、利用者が混乱をきたす理由ともなっています。
クラウド・コンピューティングやクラウド・サービスなどというキーワード的言葉は、2006年にGoogleの代表が言い始めた言葉だとされています。
但しクラウド・サービスに含まれるオンラインストレージとかWeb上のメイル等はクラウド・サービスが存在する前からあったものです。
つまり、クラウド・サービス自体は、新しいサービスではなく、これまでにもあったネットワーク上のサービスを総称して呼んでいるのみ。

メリット

真新しいサービスではなく従来からあったものをクラウド・サービスとしているだけなのに、なんで近頃クラウド・サービスにトピックが集まっているのでしょうか。
大好評の理由はいくつか有ります。
一番大きな理由は会社だとしても自宅だとしても1人1台パーソナル・コンピュータを持つ時代となったこと。
こうして個人だとしてもブロードバンドや無線LANを通して積極的にインターネットを利用するようになったこと。
それによって自宅や外等だとしてもいつだとしても何処にいてもネットにアクセス出来る環境要素が創られたことが挙げられます。
こんな環境要素整備がされたことで、クラウド・サービスが使いやすくなった、利便性があがったことが利用者を足しました。
こうしてクラウド・サービスに提供販売される各種サービスもずっと新しいものが出現して、トピックを寄せるようになったのです。
クラウド・サービスを利用することで一般利用者が得られるメリットはいくつか有ります。
それでは、自分のパーソナル・コンピュータからだけじゃなく外や会社等不特定多々のパーソナル・コンピュータからだとしてもデータにアクセスすることができ、自宅のパーソナル・コンピュータ環境要素と同じ状況でハンドリングが出来ることです。
近頃はとりわけスマホが広まって携帯電話からだとしてもパーソナル・コンピュータと同じようにwebのデータやファイルにアクセス出来ます。
2つ目のメリットとしては、パーソナル・コンピュータの容量が少なくても良い感覚のということです。
従来はパーソナル・コンピュータにいっぱい容量が空いていないとソフトもダウンロード出来ませんし、写真やデータも保全するのに数に限りがありました。
イコールwebに保全出来るため、パーソナル・コンピュータの容量は多かれ少なかれなりとも大丈夫ですのです。
3つ目のメリットとしては、バックUPの代わりに至るということです。
仮に自分のパーソナル・コンピュータが壊れてしまったとしても、データや写真等は全部webに存在するため消え去るこというのは有りません。
クラウド・サービスを利用する最も大きなメリットだとおもいます。