クラウド・サービスの代表例

現にクラウド・サービスにはどんなものがあるのか見ていきましょう。
代表的なものとして、“Webメイル”が有ります。
多くの人が利用しているクラウド・サービスはこのWebメイルだとおもいます。
ポピュラーなものとして“Yahoo!メイル”や“Gmail”等が有ります。
次のサービスは“オンラインストレージ”です。
写真やムービー、データ等を保全しておくサービスのことです。
ネットワーク上に個人のデータを保全出来るファイルが有ります。
またこのファイルは他の利用者と共有出来るサービスも有ります。
ポピュラーなものとして“宅ファイル便”や“quanp”が有ります。
また写真やムービー等を特定のファイルに保全するサービスも有ります。
オンラインストレージというのは違って他の利用者とファイルを共有することをお目当てとしています。
ですので保全したデータは公開するのが原則となっているのが特徴です。
ポピュラーなものとして“フォト蔵”や“YouTube”が有ります。
以来も色々なクラウド・サービスが生じるとおもいます。
数多くのパーソナル・コンピュータ間でインターネットの大おお好みな物に追加したものを同期出来るようにするサービスやブラウザをOSとするサービス等も提供販売される予定です。
今はパーソナル・コンピュータに入っているブラウザやOS等もゆくゆく全部ハードからネットワーク上で払えるようになるとおもいます。
将来的にはパーソナル・コンピュータでローカルとクラウドを意識せずにサービスを払えるようになるとおもいます。

概要

今までのコンピューターの扱い方としては、コンピューターのなかにハードウェアとソフトウェアとデータを全部保全して自ら管理をおこなうものでした。
それがクラウド・コンピューティングの出現によって、利用者はインターネットの向こうに存在するワールドからクラウド・サービスを受けることになりそれに対して料金を払うようになりました。
利用者はパーソナル・コンピュータや携帯端末、インターネットの接続環境要素等少なくてもの接続環境要素だけを整えればいいのです。
利用者はクラウド・サービスの利用料金を払うことになります。
正にデータを保全しているコンピューターやネットワークの環境要素はサービスを提供販売している専門業者側に設置して有ります。
その為コンピューターやネットワーク機材のオーダーその管理費やキープ費、管理の手間等が全部軽減されます。
クラウド・コンピューティングというのは、昔から存在していたサービスを総称したものです。
具体的にはネットワークコンピューティングやユーティリティコンピューティングこうしてSaaS等が挙げられます。
中にはこれらのサービスの内容を発展させているサービスも存在しています。
クラウド・コンピューティングというのはコンピューターの始末形態のことであって新しい技法を指すものでは有りません。
新たに提供販売されたサービスではないのに近頃急速に広まっているのは、インターネット環境要素が個人に大きく浸透したからに他なりません。
つまりクラウド・サービスを受ける環境要素が整ったということです。

形態

クラウド・コンピューティングという形態で提供販売しているサービスのことを“クラウド・サービス”と言います。
こうしてそのクラウド・サービスを提供販売している事業者のことを“クラウド・サービスプロバイダー”と言います。
インターネットを利用して一般向けにサービスを提供販売しているのが“パブリッククラウド”で専門業者内や市場内などのくくりの中だけでサービスを提供販売しているのが“プライベートクラウド”です。
パブリックとプライベートの両方組み合わせた形のサービスを“ハイブリッドクラウド”と言います。
一般にアウトソーシング等で選べる形態はプライベートクラウドの方になります。
クラウド・コンピューティングというのはコンピューターの始末形態のことで、サービス内容は一際新しい技法では有りません。
クラウド・サービスを利用するには、事業者側と利用者側にインターネットの標準化された技法と設備が必要となってきます。
多くの利用者が容易にインターネットを払えるように技法革新したことが現代のようなネット一般世間一般を創り上げました。
一定ステップ利用者は世間一般的なインターネットのハンドリング技法があればクラウド・サービスを利用することが出来ます。
プロバイダーのサーバー内等に接続したケースいう専門的な技法は不要です。
世間一般的には標準化されたソフトウェアを活かすことが出来れば大丈夫ですのです。
多くのプロバイダーが存在していますが、Google等ではスケーラビリティに対応するオリジナルのグリッドコンピューティングの技法を取り入れてあり一歩先を進行しているようにおもえます。