クラウド・サービスの本質

クラウド・サービスの本質は、使った分だけの料金を払うというユーティリティコンピューティングのかんがえ方に似ているという主張が有ります。
従来はYahooやGoogleが消費者に向けたWebサービス、たとえばAmazon等公共に対してあるいは法人に向けたITサービスとして使われていたものを向上させた形がクラウド・サービスであるとも言われています。
あるいは法人向けのWebサービスのみをクラウド・サービス、クラウド・コンピューティングというケースもありました。
YahooやGoogle等は当初0円で専門業者にサービスを提供販売してその対価として専門業者から広告収入を獲得していました。
その技法ではセキュリティ等を強化して法人向けにサービスを行ったのがクラウド・コンピューティングです。
クラウド・コンピューティングの技法では研究をした会社が法人向けのWebサービスとして“SaaS”を渡しました。
SaaSは“サース”と効く利用者が必要なシステムを必要なときに必要な分だけ助かるようにしたソフトウェアを提供販売しているサービス形態のことです。
利用者はインターネット経由でソフトウェアを稼働させて用いそのサービス料金を払うというものです。
クラウド・コンピューティングでは近頃提供販売されているクラウド・サービスには、ソフトウェアやハードウェアだけじゃなく多くのものが有ります。
たとえばセキュリティシステムやバックUP、業務ロジック、API、災害対策システム等が有ります。
近い将来には利用者が自分自身で必要なアプリケーションケーションをカスタマイズして見つけることも可能になるやうです。
これによって開発期間が短縮出来ますし、費用削減にもなるのです。
クラウド・サービスは多岐にわたっているので以後もまだほんとに新しいサービスが提供販売されるでしょう。
ただし余りに大きいため個々のサービスが何を提供販売しているのか十分確かめることが大切です。

問題点

クラウド・サービスは楽な反面無論多くのお話も抱えています。
随一のお話はその安心です。
クラウド・サービスを利用することによってメリットとなるバックUPシステム。
但しクラウド・コンピューティングのシステムに障害が起きたとき、あるいはプロバイダー側がたちまちクラウド・サービスの提供販売をやめてしまったとき、会社が倒産してある日いきなりサービス終了になったとき。
こんな事態になって突然閉鎖向かうと、クラウド上に保全していた自分の全部のファイルやデータを紛失することになってしまいます。
一部のプロバイダーでは所定の稼働率でサービスを提供販売できなかったケース、返金するなどの対応を通していますが失ったデータの価値をかんがえるとお金には変えられないケースも有ります。
ですのでクラウド・サービスではデータやファイル等を保全するケース、大切なものはどうしても自分の手元に媒体として保全するようにした方がいいとおもいます。
クラウドではいつなにが起きるか分からないのです。
またネットを利用するサービスということで、他人からデータを無くなるリスクが有ります。
クラウド・コンピューティングによって集中的にデータを管理しているというこというのは、一部無くなると全部の情報を完全に盗られて仕舞うことになります。
ハッカーの格好の獲ものともなっているのでプライバシー、専門業者情報、顧客情報等大切な情報が流出するリスクが有ります。
専門業者等がクラウド・サービスに依存することでするほど、クラウド・コンピューティングに何かトラブルがあったとき、その利用者専門業者自体が営業できなくなって仕舞うということにもなりかねません。
プライバシーの大切性、プライバシーということをかんがえるとクラウドに何かあったときその猛威結末は国家ステップで大問題を誘発することもかんがえられます。
クラウドに何処までやらせて大丈夫なのか、耐え難い問題です。

セールスフォース・ドットコム

クラウド・サービスを提供販売しているプロバイダーは数多く存在します。
その中の一つが“セールスフォース・ドットコム”です。
セールスフォース・ドットコムはsalesforce.comと書き、USAのカリフォルニア州に本社が有ります。
顧客管理のCRMを中心としたクラウド・サービスを提供販売しています。
顧客向けにインターネット上で業務のアプリケーションケーションやプラットフォームを提供販売しています。
1999年に設立された会社です。
翌年4月にはニホンに“セールスフォース・ドットコム”というニホン法人が設立されました。
東京と大阪にオフィスが有ります。
Webサービスを通して業務を対象としたアプリケーションケーションを主に提供販売している会社です。
SaaSものの本格的なクラウド・サービスを初めに渡した会社です。
セールスフォース・ドットコムが提供販売しているサービスまずは言語が16通りも対応しています。
その為ワールド中に利用者があり、2010年3月近頃で約77,000社に使われています。
ニホン法人の“セールスフォース・ドットコム”もニホン国内に多くの専門業者に導入しています。
郵便局やみずほグループ、UFJグループなどの金融機関や、損保ジャパン、日立、小田急電鉄、ローソン等業種を伺うこと無く幅広く導入されています。
セールスフォース・ドットコムが提供販売しているクラウド・サービスは激しく2つ“SaaS型”の“CRM”と“PaaS型”のプラットフォームです。
CRMでは営業支援システムやマーケット後援、マーケットサービス、仲介管理、コンテンツ管理、モバイル管理などのアプリケーションケーションを提供販売しています。
Force.comはアプリケーションケーション開発の為のプラットフォームです。
インフラやデータベース、ロジック、インテグレーション等アプリケーションケーションをクラウド・コンピューティングで創り出すのに必要なものが入っています。

Yahoo!

Googleと提携してクラウド・サービスを提供販売している“Yahoo!”です。
ワールド規模のクラウド・サービスを提供販売しています。
Yahoo!はインターネットの検索エンジンもおなじみの会社です。
USAのインターネット関連のサービスを提供販売している会社です。
Yahoo!が提供販売しているクラウド・サービスは数多く有りますがその大きなものにはWebメイルの存在が有ります。
Webメイルは2004年Googleに対抗してサービス強化をおこないました。
一定ステップのメイル使を対象としているものは100MBのところ、Yahoo!Mail Plusで1GBまで容量を足しました。
2005年にはマイクロソフトのメッセンジャーと互換性を持たせるとしました。
同様にWeb関係のサービス強化に努めて、その後Yahoo!Musicを開始、SNSサービスやカレンダー共有サービス等も行っています。
2007年にはYahoo!Mailではパーソナル・コンピュータから携帯電話にテキストのメッセージが0円で暮らせるというサービスも開始しました。
但し受信する側は0円になるというのは限りません。
Yahoo!では色々なクラウド・サービスを提供販売しています。
ニュースを提供販売しているYahoo! News、アドレス登録出来るYahoo! Address Book、メモ帳パットを使えるYahoo! Notepad。
アラートシステムを払えるYahoo! Alerts、何だかんだかんがえることが出来る知恵袋Yahoo! Answers、翻訳システムがついたYahoo! Babel Fish。
セキュリティのYahoo! Safely、Yahoo! Security Center、買いものが出来るYahoo! Shopping、チャットが出来るYahoo! Chat。
それ以外にもグルメ、旅行、天気、ファイナンス、健康、掲示板、キッズ関連、スポット情報、メッセンジャー等、兎にも角にもいっぱいのサービスが有ります。