Google

USAのソフトウェア会社“Google”です。
Yahoo!同様にWEBの検索エンジンがポピュラーです。
Googleは人類全部の情報を集めて整頓整頓したケースいう壮大なお目当てを所持しています。
プログラムをオリジナル創り出して、ワールド中のWebサイトから情報を検索しています。
Googleの検索エンジンでは、リンクが集まっている大切なサイトを上の方に表示したり、検索対象となるWebページを保全したりと他の検索エンジンには弱いサービスを広く展開しています。
2002年にはワールドで一番大好評のある検索エンジンとなりました。
ニホン国内ではは1位がYahoo!JapanですのでGoogleは2位となってきます。
Googleが提供販売しているクラウド・サービスは、専門業者向けにアプリケーションケーションを“Google Apps”で提供販売しています。
これはオリジナルドメインによってグーグル生産品を助かるようにしたものです。
このクラウド・サービスまずはカレンダーやトークやドキュメントなどのサイトやアプリケーションケーションが提供販売されています。
メイルは0円で使えますが25GBという膨大な容量を利用することが出来る“Premier Edition”のケースはアカウントの利用料金が必要です。
こうしてプラットフォームサービスを一般向けに“Google App Engine”として提供販売しています。
PythonとJAVAを対象としてソフト開発の為のキットが手配されています。
Amazonやマイクロソフトにも同様のサービスが有ります。

マイクロソフト

ワールド一のコンピューター会社USAのマイクロソフト社もクラウド・サービスを利用者に提供販売しているプロバイダーです。
マイクロソフト社はハードウェアとソフトウェア、ゲーム機材の作製をしウェブビジネスも行っています。
各ごファミリーにいまだにパーソナル・コンピュータが普及していないころ、オフィスも1人1台パーソナル・コンピュータが自然ではないころに“Windows”を出現させた会社です。
このWindowsの出現によって急速にパーソナル・コンピュータがこの時代に普及することになりました。
このマイクロソフト社が成し遂げるクラウド・サービスは、通常の利用者向けに“Windows Live”や“MSN”を提供販売しています。
専門業者向けには“Microsoft Online Services”を提供販売しています。
Windows Liveにはメイルやメッセンジャー、フォトギャラリー、ムービー製造企業、ウイルスソフトウェア等多くのサービスが有ります。
0円で使を対象としているものきるものが大半ですが中には有料のものが有ります。
MSNではWindows Live Hotmailによるメイルやチャット、ブログ、全文検索、地図などのクラウド・サービスが0円で提供販売されています。
Hotmail Plusや競売、MUSIC等は有料で提供販売されています。
“Microsoft Online Services”は専門業者向けにマイクロソフト社が推進しているクラウド・コンピューティングです。
専門業者にソフトウェアとプラスサービスを提供販売しています。
また2010年からは“Windows Azure Platform”というクラウドプラットフォームも全ワールドで提供販売開始しています。

Amazon

USAのワシントンに本社を構える“Amazon.com”はWebときの通販サイト大手としてその名を望ましく知られています。
ネットでは商取引をい良いよ達成させた会社といっていいとおもいます。
Webサイト上では本やDVD、電化生産品、オモチャ等多種多様なものを取り扱っています。
ニホンにも“アマゾンジャパン”が東京、千葉、大阪、埼玉、北海道等に存在しています。
このAmazonも“Amazon Web Services”こと“AWS”というクラウド・サービスを提供販売しているプロバイダーですのです。
仮想マシン、データストレージを時間貸しをしています。
年々、クラウド・コンピューティングのサービス規模を拡大しています。
このクラウド・サービスを提供販売しているデータセンターは近頃北米や欧州に有ります。
但し年々その要望が高まってきていることからアジアスポットにも設置する計画があるやうです。
2002年に開始されたこのAmazon Web Servicesは、直接エンド利用者に公開されているものではなく、他の開発者が使えるシステムを提供販売しているケースが大半です。
各種サービスは使った分に対して費用が発生します。
Amazon EC2は商を対象としたウェブサービスです。
利用者が計算資源を借りてアプリケーションケーションが実行出来るようにするものです。
つまり仮想サーバーを提供販売して利用者が希望するソフトウェアを実行出来るようにしています。
毎回起動しているサーバーに対して料金を払うようになっています。
Amazon SimpleDBは分散データベースで、ストレージの利用量やデータ転送量等に応じて利用料金がかかります。
2007年に公開されたサービスです。