UPル

Macシリーズで知られている“UPル社”もクラウド・サービスプロバイダーです。
UPル社はUSAに本社が有ります。
ハードウェアのMacintoshや音楽プレーヤーのiPod、携帯電話のi-Phone、端末機のi-Pad等数多くのコンピューター生産品を売り出ししています。
このUPル社が行っているクラウド・サービスには“MobileMe”が有ります。
“MobileMe”というのはモバイルミーと読みます。
これは個人利用者向けのクラウド・サービスで有料になっています。
クラウド上に存在するデータが任意の数多く端末で双方向に同期することが出来ます。
これはMac OS XやWindowsこうしてi-Pod touchやi-Phone、i-Pad等で扱うことが出来るサービスです。
オンラインストレージサービスをクラウド上で広く展開しています。
年間の利用料金はUSAドルで99.95ドル、ニホン円で9,800円です。
初期容量は20GB取り扱うことが出来ます。
別に追加料金を払うことで最大60GBまで利用容量を繰り返すことが出来ます。
自分の所持している端末がWindowsであってもMac OS Xであってもi-Padであってもどれかの端末上でアクセスして内容を更新することでクラウド上のデータも自動的に同一となってきます。
従来このクラウド上のデータにはSafariやFirefoxしか対応していませんでしたが、2010年からはInternet Explorerも対応出来るようになりました。

ソニー・bit-drive

2008年からソニーの子会社“ソニー・bit-drive”も中小専門業者向けにクラウド・サービスを始めました。
ソニー・bit-driveは法人向けのインターネットプロバイダーです。
このソニー・bit-driveが提供販売しているクラウド・サービスは“マネージドイントラネット”です。
これは中小専門業者向けに創られたイントラネットのサービスです。
ソニー・bit-driveのデータセンターで中小専門業者のデータをホスティングして、VPN接続にすることによってその専門業者が自社で社内サーバーを管理する必要がなくなります。
このシステムだと一定ステップのクラウド・サービス以上のセキュリティを確保することが出来ます。
ソニー・bit-driveではインターネット接続環境要素にも尽力を尽くしてサービスを提供販売しています。
フレッツスタイルやワンスTOP後援スタイル、ネットワーク後援、ドメイン取得代行のサービス等専門業者に代わって行っています。
セキュリティサービスにも重点を置き、ウィルス確認のゲートウェイサービスの提供販売、スパム確認のゲートウェイ。
Webコンテンツのフィルタ、メイルアーカイブなどのサービスを提供販売しています。
お得なセキュリティパックやメイルに重点を置いたメイルセキュリティパック等も有ります。
またお勤めようのアプリケーションとして、インターネットの勤怠管理やグループウェアのサービス提供販売、基幹業務パッケージの“奉行21シリーズ”等も出しています。