歴史

ここでクラウド・サービスが出現するまでに至る歴史に対して幾らか紹介します。
クラウド・サービスがこの時代に表れる前にもインターネットを経由してコンピューター始末を通して、利用者は利用時間によって料金をサービス提供販売者に払うというものがありました。
初めは2002年にAmazonが“AWS”ことAmazon Web Serviceをおこないました。
こうしてクラウド・サービスとかクラウド・コンピューティングという言葉が仰るようになったのは、2006年GoogleのCEOが発言したことから広がりを見せ始めました。
従来あった“SaaS”のサービスによるのがクラウド・サービスです。
SaaSというのは数多くの利用者がコンピューター環境要素を共有して使います。
サーバーやデータベースを共有することによってスケールメリットを使いこなしていくことができ、節電を企てることが出来るのです。
利用している利用者や専門業者がおのおのシステムを拡張して行くことで、再度システム改善をおこない使いやすく陥ってしまうというメリットも有ります。
SaaSの料金体系では利用している利用者数によって課金されていました。
クラウド・サービスはこのSaaSのサービスを拡大したものと言っていいとおもいます。
SaaSではアプリケーションケーションのサービスを主に行っていましたが、クラウド・サービスまずはオンラインストレージやサーバー領域などの提供販売を通しています。
PaaSやXaaSもクラウド・サービスに含まれるとおもいます。

IBM

配下を25全ての人以上も抱えている大手コンピューター会社のIBMもクラウド・サービスを取り入れています。
近頃導入した社内向けのサービスIBMの“Innovation Portal”はAmazonのクラウド・サービスに似ているだが有ります。
はりがあるプラットフォームで、多くのアプリケーションケーションを使えるようにしています。
Web2.0のポータルサイト上にアクセスしてセルフサービスで自分が必要とするコンピューターを対象としたインフラを直ぐ取得することが出来ます。
そのなかには開発者を対象としたツールや生産性を向上させるためのツール、プロジェクト、ゲームまで100以上ものプロジェクトがクラウド・サービスによって運用されています。
運用されている中の20%ぐらいが現に顧客に提供販売される生産品となるやうです。
今近頃クラウド・サービスを導入しているIBMでは以来社内でのサービス提供販売だけじゃなく、社外にも広がりを見せていくとかんがえています。
クラウド・コンピューティングの使命としては、仮想マシンを利用する、AmazonのWeb通販サイト等でクレジットカードを使い買いものするだけでは有りません。
専門業者の社内あるいは社外でのインフラ整備がすすむことで、専門業者内だとしてもクラウド・サービスを利用するところが今以上に増加してくるとおもいます。
大切なこというのはこんな楽なシステムをどんなふうに応用し、また何処からサービスを入手するのかということです。
以来のIBMやそのほかの専門業者がどんなふうにサービスを取り入れて、またいかなる部類のサービスを通していくのか気になるところです。

三菱電機

三菱電機が2010年高セキュリティなクラウド・サービス“DIAXaaS”を開始しました。
三菱電気ではアプリケーションケーションやインターネットのリソースを提供販売しているクラウド・サービスを開始しました。
共に“DIAXaaS”(ダイアエクサース)と言って、金融市場や医療市場に向けての高セキュリティを特徴としたクラウド・サービスを開始しました。
DIAXaaSは、SaaS型のサービスが数多くあるものです。
アプリケーションケーションの提供販売とシステムの構築、プラットフォームの提供販売とプラットフォームを構築して支援をおこなう4つのサービス提供販売を通しています。
三菱電機の情報ネットワークグループの“MIND”が運営しているニホン国内に5か所あるデータセンターを通して、三菱電機のグループが提供販売しています。
Webのセキュリティ診断やOCRサービスが有ります。
他にもジャパンネットによる電子署名サービスも導入予定です。
利用料金は月額31,500円~十万円以上になるやうです。
三菱の専門業者グループが扱うSaaS型の業務システムのコンサルティングや構築等はBizFLEXが手掛けます。
Fineのプラットフォームは、三菱電機でのインフォメーション・テクノロジーが、クラウド・サービスと連携して手掛けます。
専門業者内でのシステムと外部とのシステムの連携をはかって、ログ管理などのサービスを専門業者に提供販売していきます。
医療カテゴリや金融市場、作製市場等ではサイトのデータを改ざんされたり、第三者になりすましたり、盗聴したりとセキュリティ面では一際忠告してあり、データセンターによるサービスに対しても何より信頼性を重視しています。
その為ICカードとパスワードを通して利用者の属性、二要素認証から高度なID管理を通してオリジナルに高いセキュリティ技法を取り入れています。

NTT

NTTデータも2010年から専門業者向けにクラウド・サービスを導入していました。
2010年4月からは全メニューをクラウド・サービスで提供販売しているようになりました。
クラウド・サービスの名前は“BizXaaS”(ビズエクサース)と言います。
当初NTTデータでは他のクラウド・サービスに先駆けて、“ばらまきお手伝い”サービスと“マイグレーション”サービスの提供販売を通していました。
これに“クラウド構築”や“運用管理”みるみるSaaSやPaaSなどの提供販売も始めました。
クラウド構築というのは、ネットワークやファシリティやOSや開発フレームワーク等全部のソフトウェアやメモリ、CPU、ハードディスクとハードウェアを共通基盤環境要素として構築するものです。
“プラチナモデル”では、専門業者ごとに個別の要素によって環境要素を提供販売して頂ける。
“ゴールドモデル”では、各システムの大切性や利用形態によっておのおのが構成を柔軟に選択することが出来ます。
“シルバーモデル”では、システム環境要素を丸々一式手配して定型構成での提供販売をおこないます。
“運用管理”ではBizXaaSのサービスを一元化して管理出来ます。
サービスデスクの設置、インシデント管理や問題管理等を基本のメニューとして提供販売しています。
SaaSではオフィスコミュニケーション等を提供販売します。
専門業者のポータルやグループウェア、メイル等で構成されています。
それ以外にもフロントオフィスでは、営業支援や顧客管理、市販製品管理や会計、人事給与等多くのサービスが提供販売されます。

N-TRANSFER

NTTが2010年クラウド・サービスを提供販売しているサーバーとして“N-TRANSFER”を売り出しました。
このサーバーを利用するとUSB機材から直接クラウド・サービスを利用することが出来ます。
“N-TRASFER”はインターネットへの通信システムを有するデバイスサーバーです。
NTT東ニホンとNTT西ニホンにて2010年10月から市販製品を通しています。
デバイスサーバーのシステムにインターネットの通信システムをたしたことで、USB機材とサーバーをつなぐことでパーソナル・コンピュータを介すこと無くクラウド・サービスを利用することが出来ます。
これはクラウド・サービスの技法が進行して数多くのサービスが提供販売されるようになったこと、ごファミリーでパーソナル・コンピュータ以外にも多くの機材を通してインターネットを利用するようになった背景が有ります。
NTTではこんな時代背景を通して、幅広くフレッツ光を利用して貰うことが出来るようにと“N-TRANSFER”を開発しました。
“N-TRANSFER”には3つのシステムが有ります。
1つ目がクラウドトランスファー。
従来はスキャナーを通して紙のデータをパーソナル・コンピュータにひとまず保全してから、クラウド・サービス上へUPロードする必要がありました。
但しN-TRASNFERを利用するとパーソナル・コンピュータを利用すること無くupすることが出来ます。
出先からだとしても携帯電話やスマホを通して読み込んだ文面を閲覧することが出来ます。
2つ目はデータトランスファー。
従来ファイルを転送する際には、メイルに添付して送信したりファイルの転送サービスを使ったりする必要がありました。
それがパーソナル・コンピュータはなくてもN-TRANSFERを利用することで指定した別のサーバーに転送することが出来ます。
3つ目はUSBトランスファー。
従来は1台のパーソナル・コンピュータに対して1台のプリンターやハードディスク、スキャナー等を扱うことが自然でした。
但しN-TRANSFERを使えば数多くのパーソナル・コンピュータからこれらの周辺機材を共有して取り扱うことが出来ます。
N-TRANSFERのプライスは1台税込みで7,350円です。