ソーシャルグループウェア

ソーシャルグループウェアが提供販売しているクラウド・サービスが“iQube”です。
クラウド型のグループウェアです。
こちらのクラウド・サービスが対象としている顧客は主に専門業者でクライアントや提携専門業者との会社間の共同作業や情報のやりとりをフォローするものです。
生産品形態はASPです。
社内だけじゃなく他社の利用者もクラウドに登録することによって、専門業者間で情報を共有して作業を共々立ち向かうことが可能なようになります。
外部利用者は管理画面にて総括出来るためセキュリティも安心です。
外部利用者は“連携グループ”としてグループ活動することになります。
この連携グループごとに参加手順を設定したり、コンテンツの製作権限を加えたり、公設立定をしたり、管理者設定をしたり、利用者管理をしたりすることが出来ます。
クラウド・サービスを利用する全部の利用者が自社のサイトと他社のサイトを自由に行き来出来ます。
このとき自社サービス内では内部利用者として扱われ、他社サービス内では外部利用者として扱われます。
ログインに際してはマルチログインというシステムを利用して外部のWebサービスに登録を通しておくと、iQubeから容易にログインが出来ます。
大変楽なシステムです。
パートナー提携、外部サービスと連携を取っているので、Googleガジェットが公開されていてニュース、会社サービスなどの連携も予定されています。
“iQube”はWindows XP、Windows Vista、Mac Os Xに対応しています。
PCメモリでは、1GB以上で、CPUにおいては、インテルプロセッサーの 2.4GHz以上となります。
対応ブラウザはMozilla Firefox 2Xあるいは、Internet Explorer 7X、 6Xです。

SIOS

サイオステクノロジーが提供販売しているクラウド・サービスが“SIOS”です。
社内ではメイル管理負荷を軽くしたいとしている専門業者やGoogle Appsに導入、移行したいとかんがえている専門業者を対象としたクラウド・サービスです。
生産品形態はASPです。
近頃利用しているグループウェアからGoogle Appsに移行望むという専門業者の既存システムからのデータを移行したり、サインオンやアクセス制御したりする等導入支援をおこないます。
やはり新規導入をかんがえている専門業者の導入支援も行っています。
それ以外にも顧客ごとの要望に合わせたシステム構築を通しています。
Google AppsはGoogleが提供販売しているホスティング型のアプリケーションケーションを提供販売しているものです。
Google Appsを導入したケース利用者はブラウザ上からメイルを送信することができ、利用者間でスケジュールの共有もすることが出来ます。
またドキュメントを管理したり編集したり可能なようなウェブサイト製作を通して情報共有を図ることが出来ます。
移行したケースきの支援に対しては、実績にもとづき計画を立案して実現していきます。
シームレスな移行をおこないます。
そのほか要望に合わせたシステム構築にはたとえば、連携型ID管理が有ります。
従来のシステムで利用していたIDをGoogle AppsのIDを統合して管理可能なようになります。
シングルサインオンでは、法人内の認証システムを通してログイン可能なようにすることによってパスワードが漏えいすることを防ぐことが出来ます。
アクセス制御では、Gmailのアクセス制限を通してセキュリティ対策を企てることが出来ます。
メイルも既存のメイルをGmailに移行することが出来ます。
ASPサービス内では基幹のシステムとGoogle Appsの連携をはかります。

日立情報システムズ

日立情報システムズが提供販売しているクラウド・サービスが“BusinessStage ROD”です。
業務量がチェンジしたためITリソースの拡張や縮小をかんがえている専門業者やIT環境要素を整備して投資の分散をしたいとしている専門業者に向けてのクラウド・サービスです。
日立情報の中のデータセンターに存在するITリソースをほしいときにほしい分だけ提供販売していただけるサービスです。
多くの要望に柔軟に対応可能なように各種サービスを手配しています。
初め開始したときは最小のリソースで運用をやり、業務量が増加してきたら段階的にリソースを拡張して出向くことが出来ます。
業務量がピークを越えて減ってきた時折リソースを縮小してくことも出来ます。
こうすることによってITリソースを無駄に扱うことがなくなります。
各種サービスはテスト、開発のプロセス、サーバーの統合等色んなシーンで応用することが出来ます。
料金に対しても使途によって選択することが出来ます。
ITリソースの提供販売はスピーディシステム構築をおこなうことが可能なようにと、最短3営業日でデータセンターのITリソースを提供販売していることが出来ます。
“BusinessStage ROD”の使を対象としては3部類有ります。
一種は“エコノミーモデル”です。
基盤構成をシンプルにすることによって低価値でのサービス提供販売を実現しています。
もう1つは“スタンダードモデル”です。
こちらは“従量制課金”です。
負荷のちっちゃい使途のケース、リーズナブルな価値でサービスを提供販売しているものです。
最後は“スタンダードモデル”の“定額制課金”です。
ハウジングやホスティング等一定スペック(システム)の確保が必要な業務に関連してサービスを提供販売しているときに使われます。

ビック東海

ビック東海が提供販売しているクラウド・サービス“BroadCenter”です。
平安と信頼性の高いデータセンターとして、システムの安定運用をおこないたいとしている専門業者にかけて提供販売しているクラウド・サービスです。
24時間365日の間、安心して利用できるシステムを顧客ごとに都合つけて提供販売しています。
まずビック東海のデータ・センターにおいては、耐震設計がきちんとされています。
4部類もの免震装置では、建ものや設備にかかる負荷を低減します。
立地要素にもこだわっています。
海岸線から離れた活断層のない堅固な好評層に建っているので地震や津波などの災害があっても安心です。
また停電の際にもシステムが止まらないように非常を対象とした発電設備を設置しています。
非常を対象とした発電設備は72時間連続して稼働することが出来ます。
火災時に通じる消火設備も窒素ガス式を導入して人体に無害、地球に配慮しています。
使われているサーバーは高スペック(システム)です。
ブレードサーバーやストレージシステム等を採用しています。
サーバー採用可能数も沢山のでデータセンターの費用を止めることが出来ます。
ラックごとに提供販売していることができ、4分の1、半分、1ラックと選択することが出来ます。
運用サービスの品質を確保して運用効率を突き上げる為にISO2000のシステムを導入しています。
システム運を対象とした為に担当者の使命責任を明確にして、サービスステップの管理を通しています。
担当者間での情報格差をなくしてシステムを安定して稼働可能なようにしています。
サービスを利用することによって、システムの安定稼働を実現することができ、システムの運用管理費用を削減することが出来るというメリットが有ります。

KVHクラウド・サービス

KVHクラウド・サービスが提供販売している“IaaS”です。
クラウド・サービスの導入をかんがえている専門業者やSaaSやASPサービスでの運用基盤をかんがえている専門業者、催事等で短期間の利用をかんがえている専門業者等に向けて提供販売しています。
生産品形態はハードウェアやASP等です。
初期費用無償から開始することが出来る通信キャリアが提供販売しているクラウド・サービスです。
SLA保証付きです。
KVHが提供販売しているクラウド・サービスは精度とフレキシビリティーの両者を兼ね備えています。
KVHのIaaSは、データセンターや光ファイバーや定評のあるサーバーのハードウェア等を基にして構築されているコンピューティングのリソースを提供販売しているサービスです。
顧客ごとに必要な量と必要な期間によって提供販売します。
完全に自動のプロビジョニングで、納期まで2営業日と迅速にサービスを提供販売していることが出来ます。
24時間の監視体制とSLAによって、インフラの精度を保っています。
マルチレイヤを通して顧客ごとに要望に柔軟に対応しています。
広帯域のインターネットバックボーンを利用するパブリッククラウドにも対応しています。
高品質で低遅延を実現する専用回線を利用することでクローズネットワークのプライベートクラウドにも対応しています。
省エネルギーを実現して、安全なインフラ環境要素を迅速に構築して受け確保するサービスです。
自社で構築したケース比べるとしっかりお得に急いで出来ます。
シンプルでいて自由なIaaSをお探しの方にお奨めのクラウド・サービスです。

スカイアーチネットワークス

クラウド・サービスの運用代行を通している“スカイアーチネットワークス”です。
2001年に設立された会社で東京に事務所を構えています。
システム運を対象としたマネージメントやセキュリティのマネージメントを主に行っている会社です。
このスカイアーチネットワークスではIaaS環境要素ではクラウド・サービスをつぎ込み、設計や構築、保守等をアウトソーシングしよという専門業者におススメのサービスです。
生産品形態はソフトウェアとハードウェアとASP等です。
クラウド・サービスの導入支援をし、24時間365日サービスの運用代行をやり、専門業者側がクラウド・サービスを上手く活を対象としているものきるように支援していただける。
スカイアーチネットワークスではとっくにクラウド・サービスとしている専門業者の運用代行をします。
rootの権限を預かることが出来るものであるのならどんなクラウド・サービスにも相談にのります。
クラウド・サービスを導入したいとしている専門業者に向けて、無償での設立後援も行っています。
クラウド・サービスの運用代行では、定期のお勤めとしてヘルプデスクシステムを果たしたり、監視を行ったり、情報管理を行ったり、情報収集と情報の提供販売を行ったりしています。
不定期なものとしては、セキュリティホールの対応を行ったり、不正アクセスがあったケースに適切に始末したり、サーバーに負荷がかかってしまったケースに対応したり、障害が生じてしまったケースに対応したりしています。
専門業者規模は一切問わずに対応しています。

ところで別な話題で、基礎化粧品の保湿の順番(今さら聞けない)美容液は目的をもって使うが正解・kirako-style.comのネット情報で基礎化粧品の保湿の順番(今さら聞けない)美容液は目的をもって使うが正解に関しての情報がまとめられていたんです。

基礎化粧品の保湿の順番(今さら聞けない)美容液は目的をもって使うが正解についての話題は、前か気になっていたので検索して調べていたんです。

基礎化粧品の保湿の順番(今さら聞けない)美容液は目的をもって使うが正解の情報まとめはこれからです。しれべたら次回になるか記事にしてみたいと思います。